かぷら

まちをつなぐ、人をつなぐ、かずさを楽しむためのアンテナマガジン

kpl11_kosodate_obi_top

勝手に木更津応援団
子育てサロン
ママによるママとの語らい

「かぷら」の読者ママを招いて、本音でトーク!
その先にどんなヒントが隠れているのか。
現役の子育てライフについてお話を聞きました。

子育て支援マネージャー あそゆか

織りなす縁の中で

末廣佳奈さん。自然体からあふれる優しさと笑顔が素敵な3歳の女の子と2歳の男の子のママ

末廣佳奈さん
自然体からあふれる優しさと笑顔が素敵な3歳の女の子と2歳の男の子のママ

 佐賀のお国言葉から柔らかなやさしさが溢れてくる。
 三年前初めて故郷を離れて木更津での子育て生活。夫の転勤を機に、もうすぐ九州へ戻る彼女に、今までとこれからをインタビュー。
 独身時代は多くの友人に恵まれ、出歩くことが大好き。初めての地の子育ては知り合いもなく、生活リズムも一変、自由な時間も少ない。様々な環境での子育て期、多くの女性は時間や人付き合いなど、暮らしと自分の再構築という課題と向き合う。
 無理せず、自分のペースで支援センターや保育園の集まりに参加する毎に、知り合いが増えていく。育児の悩みを話して共有するたび、「みんな一緒だ」と元気をもらう。日常の人との縁が広がるごとに、親子で育ってきたこの三年間。一番身近な【わが子との付き合い方】もわかってきた。
 住みやすい木更津の地で、自分なりの暮らしの形が見えてきた頃の引っ越し。寂しくないと言ったら、ウソになる。
 娘と息子の名前には、縦糸と横糸を織りなした織物の意味を持つ「紗」と、友達の意味を持つ「朋」をつけた。
 人は一人で生きてゆけない。どんなライフスタイルの時も、多くの人と関わり、助けられたからこそ、わが子にも「人との出会いや関わりの中で学び育って欲しい」と願う気持ちは大きい。
 インタビューの翌日、届けてくれた筍と蕨。優しい気遣いが、また一つ、縦糸と横糸を織りなして、縁を広げていく。新天地でもきっと、彼女の縁という織物は広がっていくのだろう。

information

cocokara〜ココカラ〜 毎月第3火曜日開催

kpl12_kosodate_cocokara_pict

「ここからきっかけになるようなコミュニティ」をテーマに現代版井戸端会議をしています。ベビーマッサージ、各種ワークショップ等も開催します。詳細はアメブロにて発信していますので、ぜひご参加下さい。

日時 5月12日(火)、6月16日(火)
10:00〜12:00の予定
時間内の出入り自由です。
場所 ユニバーサルホーム木更津店
千葉県木更津市ほたる野4丁目1-1

kpl12_kosodate_banzu_title

kpl12_kosodate_banzu_pict

木更津が誇る自然豊かな小櫃川河口の盤洲干潟。今年も49回目のクリーン作戦が行われます。応援団で一緒に参加しませか?
お問い合わせ、参加お申込みは応援団まで!

詳細・最新予定はFacebook、ブログにて発信中!
是非ご覧下さい!

熱い仲間を募集中です!!