かぷら

まちをつなぐ、人をつなぐ、かずさを楽しむためのアンテナマガジン

bososaihakken320

 

世界に誇るサスティナブルな井戸掘り技術「上総掘り」

上総掘り

用具は国の重要有形民俗文化財に、技術は重要無形文化にそれぞれ指定されており、現在も技術の伝承や研究実践が行われている

井戸

灌漑用の井戸

君津市域には、久留里の自噴井戸をはじめ、今でもあちらこちらで水が湧き出している。この豊かな水の恵みを、地下からもたらしたものが「上総掘り」である。小櫃川や小糸川流域で、明治28年頃に成立。灌漑用水や人々の生活のために水を供給してきた。上総掘りの前段階は、江戸時代より行われた、鉄棒を高い櫓から落とし地面を突いて掘り進める大阪掘り工法。これに改良を加え、市域の職人たちが育み、竹ヒゴと鉄管の組み合わせで発展。重い鉄棒式は複数人数で30~50メートルの掘削ができたが、上総掘りでは職人2~3人で500メートル(1400メートルの記録もある)程度の掘削が可能となった。技術成立の背景には、地下に水が圧力を受けた状態の帯水層が幾重にもあり、帯水層まで掘削できれば水が自噴するという地層や柔らかい地質、材料の竹や粘土に恵まれていたことが挙げられる。上総掘りは、掘削深度・経費・安全面において画期的だったため、瞬く間に全国へ普及。各地で灌漑用・飲料水・石油・温泉などの掘削が盛んに行われた。新潟の油田、熱海や別府の温泉も上総掘りで掘られたという。やがてボーリング技術の発達や土地改良が進み、減反政策がとられた昭和45年以降は産業としての役割を終えて姿を消していく。しかしその評価は衰えず、水不足などの解決にアジアやアフリカで今も活躍を続ける。動力を使わず材料も現地調達ができる、環境にやさしいこの高度な技術は、未来の世代に伝えていきたい君津が生んだ宝物である。

君津市市域中南部の地下水の流動の様子を表した模式図

君津市市域中南部の地下水の流動の様子を表した模式図
(台地のやさしい使い方 RESTEARCH INSTITUTE OF ENVIRONMENTAL GEOLOGY, CHIBA)に加筆 『君津市史自然編』より

戦前の大掛かりな揚げ足場

戦前の大掛かりな揚げ足場(小糸公民館提供)

掘削風景

昭和中期、小櫃中学校下での掘削風景

上総掘りって面白い!

先人の知恵満載の常設展示

◆久留里城址資料館(用具・足場・資料)
 君津市久留里字内山
 ☎0439-27-3478
◆袖ケ浦市郷土博物館(用具・足場・資料)
 袖ケ浦市下新田1133
 ☎0438-63-0811

大人も子どもも体験学習
旅のプランのひとつにも!

◆NPO法人久留里城山郷かずさ活性の会
 君津市久留里137付近
 活動日/第1・第3日曜、第2・第4土曜
 ☎0439-50-5155
◆小糸遊水の里
 君津市根本531
 活動日/要確認 お問い合わせください
 ☎0439-32-2006