かぷら

まちをつなぐ、人をつなぐ、かずさを楽しむためのアンテナマガジン

anohitoniaitai_title

 

きみつ少年少女合唱団

きみつ少年少女合唱団メイン

『きみつ少年少女合唱団』常任指揮者・指導者の石川真奈美さん
左、パーソナリティ 石村比呂美

 2000年に発足した『きみつ少年少女合唱団』。その翌年からはじめたクリスマスチャリティコンサートが昨年12月22日に開催されました。12回目を迎え地元ではすっかりお馴染みのコンサート。合唱団の発足からこれまでの活動などについて常任指揮者・指導者の石川真奈美さんにご出演頂いた番組『あの人にあいたい』(12月13日放送)で対談されたものを編集いたしました。

 

――きみつ少年少女合唱団、発足のきっかけは?

学校が週五日制になった時に子ども達の居場所づくり・受け皿として歌の好きな子達で一緒に活動出来れば…との思いから市が創設しました。

 

――発足当時、団員は何人位集まりましたか?

はじめは君津市の子どもを中心に80人ほど集まりました。 『世界へはばたく』をキャッチフレーズに中国最高峰の『中国北京中央少年少女合唱団』とも共演させて頂き、大変盛り上がりました。

 

――クリスマスチャリティコンサートをはじめたきっかけは?

共演の翌年中国へ行くと張り切っていた中、同時多発テロが発生し行くことが出来なくなり、そのせいか団員も半分になってしまいました。 しかし、どこかへ行きたいから活動するのではなく、自分たちで出来ることを考え、残った40人で始めたのがクリスマスチャリティコンサートです。

 

――東日本大震災の慰問にもいってらっしゃいますよね?

宮城県へ昨年・一昨年と伺いました。仮設住宅などでコンサートをさせて頂き、涙を浮かべて手を握って下さる皆さんに思わず『来年も来ます!』と子ども達が勝手に約束をしてしまっていました。心はすでに被災地に向かっています。

 

――子ども達には良い経験になったのでは?

実際に現地を見て、被災した方々のお話を聞いて大人も子どもも得るものが多かったです。『体験こそ宝だ』という事を実感しました。後日、仮設住宅の自治会長さんからお礼の手紙と仮設住宅のAKB(明るく・かわいい・ばーちゃん)から毛糸で編んだプレゼントが贈られてきました。 励ましに行ったつもりが良い意味で倍返しされ有難いです。

 

――今後の活動は?

現在、団員62名、内男子が4名です。主に土曜日の午前に練習しています。コンサートが近づくと、午後や平日の夜なども練習をします。バックアップしていただいている君津市や地元企業、団体、市民の皆さんに、御恩返しをする意味でも世界に通用する合唱団にしていきたいと思っています。

 

――リスナーの皆さんにひと言

子ども達は一生懸命練習していますが、やはり聞いて下さる方々がいないと演奏会が成立しません。是非コンサートにいらしてください。これからも応援を宜しくお願いします。

 

 

■■■現在、団員募集中■■■

■ジュニアクラス:小学校1〜3年生
■シニアクラス:小学校4年生〜高校1年生
■見学大歓迎
■お問合せ:きみつ少年少女合唱団事務局(君津市文化振興課内)0439-56-1380
※ホームページあり

  

To.Ko.To.Nかずさ 街角トーク あの人にあいたい

上総地域で活躍されている市民や街の著名人、ボランティアグループ等各種団体の方々が出演、この地域を愛する皆さんを応援する対談コーナー。 毎週金曜日の朝9時(再放送は同日の夜7時)、かずさエフエム83.4MHzで放送中。